電験

電験二種二次試験の出題傾向は??20年分の過去問から出題頻度が高い問題を調べてみた

出題傾向を待ちわびているポメラニアン

電験二種の二次試験を出題傾向を知って効率良く勉強したいなぁ。出題頻度が高い問題ってあるの!??

pako

電験二種の二次試験は出題傾向が比較的分かりやすいです。出題傾向の分析結果を解説していきますね!

本記事の内容
  • 電験二種二次試験「電力・管理」の出題傾向の分析
  • 電験二種二次試験「機械・制御」の出題傾向の分析
pako

まずは、私の電験歴です。電験二種に2回挑戦し、合格できた私が出題傾向を分析しております。

電験三種エネ管電験二種
2014年度法規以外
3科目合格
2015年度法規合格!一発合格!一次試験
合格
2016年度二次試験
不合格
2017年度一発合格!

電験二種二次試験「電力・管理」の頻出問題は??

まずは二次試験科目の「電力・管理」について簡単に概要を説明します。

「電力・管理」の試験時間は120分となっており6問中4問を選択して解答する科目です。

解答形式は、計算問題と論説問題の2形式となっており年度によって比率は異なりますが基本的に計算問題の方が多く出題される傾向にあります。

「電力・管理」過去20年の出題分野一覧

こちらが2011年から2020年の最新の問題まで含めた電力・管理の出題一覧です。

表の見方ですが、「計」が計算問題、「論」が論説問題、「混」が計算と論説が混じった問題となっております。

「計論」のように並んでいるものはその年に計算問題と論説問題の2つが出題されたという意味になります。

R2R1H30H29H28H27H26H25H24H23
水力発電
火力発電
原子力発電
発電機
送電計論計論計計論計計計論計論計論計論計計
配電計論計混
変電計論
施設管理混論
2011年~2020年の電力・管理出題一覧

この出題の一覧からいくつか言えることをまとめてみました。

電力・管理 2011年~2020年の出題から言える事
  • 水力発電と火力発電の問題が毎年交互に出題されている
  • 火力発電は論説問題のみ
  • 送電・配電・変電・施設管理の問題はほぼ毎年出題されている。
  • 送電分野が計算・論説共に多く出題されている

直近10年をみるとある程度周期性があるという印象でした。

続いて2001年~2010年の電力・管理出題一覧です。

H22H21H20H19H18H17H16H15H14H13
水力発電計計
火力発電
原子力発電
発電機
送電論論論論論論計計論論論
配電
変電混混論論
施設管理混論論計混論論計
2001年~2010年の電力・管理出題一覧
電力・管理 2001年~2010年の出題から言える事
  • 水力発電は計算問題が多く、火力発電は論説が多い
  • 水力発電、火力発電はどちらか必ず出題され、年度によっては両方出題されることもある
  • 変電、施設管理は論説問題が多い

2010年~2020年の出題一覧と比べ周期性があまりありません。

どの分野においても計算問題、論説問題がどちらも出題されており傾向を掴むのが中々難しいと言えます。

頻出頻度が高い順番は送電→施設管理→変電

次に頻出頻度を確認する為に分野別に過去20年の出題数をまとめてみました!

計算問題と論説問題を合算させております。()は計算問題のみの数です。

2001
~2010
2011
~2020
合計
(2001
~2020)
水力
発電
7(6)5(3)12(9)
火力
発電
7(2)4(0)11(2)
原子力
発電
000
発電機1(0)1(0)2(0)
送電15(5)21(12)36(17)
配電7(5)10(5)17(10)
変電10(2)9(4)19(6)
施設
管理
13(4)10(4)23(8)
2001年~2020年の電力・管理出題数一覧

よって出題数が多い順番は送電→施設管理→変電→配電→水力発電→火力発電となりました。

もし優先順位をつけながら勉強するとしたらこの順番で勉強する事をオススメします!

発電機と原子力発電は過去20年ほぼ出題されていない為勉強は不要かもしれません・・・

論説問題を捨てていて計算問題特化の人は送電、配電、水力発電は間違いなく対策が必要でしょう。

送電については計算問題が過去20年で17問出題されており外すことができない分野となります。

一方で論説問題を対策するのであれば火力、変電、配電は論説の出題数が多い傾向にある為、論説問題はこの3つから対策していくことをオススメします!

  • 出題数が多い順番は送電→施設管理→変電→配電→水力発電→火力発電
  • 計算問題特化の人→送電、配電、水力発電に注力!
  • 論説問題特化の人→火力発電、配電、施設管理に注力!

電験二種二次試験「機械・制御」の頻出問題は??

次に二次試験科目の「機械・制御」について簡単に概要を説明します。

「機械・制御」の試験時間は60分となっており4問中2問を選択して解答する科目です。

解答形式は、計算問題と論説問題の2形式となっておりますが殆ど計算問題が出題されております。

「機械・制御」過去20年の出題分野一覧

では機械・制御の分析をしていきましょう!

2011年から2020年の最新の問題まで入れた機械・制御の出題一覧です。

表の見方ですが、「計」が計算問題、「論」が論説問題、「混」が計算と論説が混じった問題となっております。

「計論」のように並んでいるものはその年に計算問題と論説問題の2つが出題されたという意味になります。

R2R1H30H29H28H27H26H25H24H23
直流機
同期機
変圧器
誘導機
パワエレ
自動制御
2011年~2020年の機械・制御出題一覧

この出題の一覧からいくつか言えることをまとめてみました。

機械・制御 2011年~2020年の出題から言える事
  • H30の誘導機以外全て計算問題
  • パワエレと自動制御は毎年必ず出題されている
  • 誘導機、同期機、変圧器は交代で出題され、規則性は無い

続いて2001年~2010年の機械・制御の出題一覧です。

H22H21H20H19H18H17H16H15H14H13
直流機
同期機
変圧器
誘導機
パワエレ
自動制御
2001年~2010年の機械・制御出題一覧
機械・制御 2001年~2010年の出題から言える事
  • H14以前は論説問題が毎年1問出題されていた
  • パワエレと自動制御は毎年必ず出題されている
  • 誘導機、変圧器がほとんど毎年出題されており同期機、直流機の出題が少ない

電力・管理と比べて出題傾向がはっきりしていると言えます。

ここまで出題傾向がはっきりしていても電験チャレンジャーを苦しめている機械・制御は本当に恐ろしいです笑

出る問題がある程度掴めていても時間に勝つことが難しいのです。

頻出頻度が高い順番は自動制御andパワエレ→変圧器→誘導機

次に頻出頻度を確認する為に分野別に過去20年の出題数をまとめてみました!

計算問題と論説問題を合算させております。()は計算問題のみの数です。

2001
~2010
2011
~2020
合計
(2001
~2020)
直流機1(1)1(1)2(2)
同期機2(2)5(5)7(7)
変圧器10(10)7(7)17(17)
誘導機7(6)7(6)14(12)
パワエレ10(9)10(10)20(19)
自動制御10(10)10(10)20(20)
2001年~2020年の機械・制御出題数一覧

よって出題数が多い順番は自動制御andパワエレ→変圧器→誘導機となりました。

自動制御については習得しやすい分野となっており、更に毎年出題されていることから一番最優先で対策した方が良いでしょう。

パワエレについては毎年出題されておりますが、勉強するかしないかはっきりさせた方が良いです。

なぜならパワエレは難しく、傾向もあまり無い為対策が非常に困難だからです。

捨てている人も多く、私もパワエレは捨ててしまいました。

半導体系の学科を選考にしているもしくは会社で半導体に関わっている人は良いかもしれませんが一般の人には理解することが難しいといえます。

試験まで時間がある人は一度解いてみてチャレンジするか判断してもいいかもしれません!

試験まで時間が無い人は捨てた方が無難と言えるでしょう。

個人的にはパワエレよりも先に変圧器と誘導機を対策して欲しいと思います。

この二つは傾向が掴みやすく難易度も高くないです。

過去20年をみても変圧器と誘導機どちらか必ず出題されているので対策しておけば本番で解ける可能性があります。

機械・制御については傾向がはっきりしている為、狭く深く取り組む事!そしてとにかく時間内に解けるようにする計算力を養った方が良いといえます。

  • 出題数が多い順番は自動制御andパワエレ→変圧器→誘導機
  • 毎年出題+習得しやすい自動制御は一番最優先で対策!
  • パワエレを捨てるかどうか早めに判断!
  • 変圧器と誘導機は傾向を掴みやすく対策しやすい為必ず習得しておく!

以上が電験二種二次試験科目を20年の過去問から分析した結果になります。

いかがでしたでしょうか?

出題傾向を知り、勉強する分野に優先順位をつける事は効率を求める上で必須といえます。

この記事を読んで残りの期間でどこの分野を対策するか考えてみてください!

ではまた!